読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

足るを知る

2度の心拍確認後流産を経てインドで妊娠→日本に里帰り中。不育症(抗リン脂質抗体症候群)でアスピリン服用中

インドに再び行く可能性

今日、人事に問い合わせていた内容に進展があったと夫からメールがきた。

問い合わせ内容は、私が子どもをつれて再度帯同するかしないか、そういう話だ。

 

問い合わせの結果、私(と子ども)はインドにまた行くことができるらしい。

夫はうれしいみたいだ。

そりゃそうだ。インドで単身赴任はつらいもの。

 

はじめは、産んで1歳くらいになったらまたインドに行こうと思っていた。

家族は一緒にいるほうがいいと思うし。

ただ、日本に帰ってきて、快適な生活の中でお腹がどんどん大きくなってくると、インドにまた行くのが怖くなってきた。。。

私だけなら平気だけど、乳幼児を連れてインドへ帯同。あのカオスな国へ。

実際、1歳前後で連れてきてるお母さんはたくさんいるし、その姿も見てきたから大丈夫だとは思うんだけど、はじめての育児であたふたしながらインドという過酷な国でやっていけるのか不安でしかたない。

〇〇ちゃん、豚インフルエンザにかかっちゃったらしいよ~とかきくと何それ!?ってなるし、夫がかかったデング熱も怖い。

狂犬病マラリア、日本にない病気がたくさんあるインド。水も食べ物も衛生的とはいえないし。予防接種はどうするの?考えるだけで憂鬱。

まだ行くとは決まってないけど、もし行くとなったら考えること、調べることがたくさん出てくるだろうなあ。

ヨーグルティアで発酵妊婦生活

妊娠中ですが、快便です。

 

インドで納豆を作るべく購入したヨーグルティアを使って、せっせとR1(飲むヨーグルトタイプ)を種にしてヨーグルトを自作しています。

item.rakuten.co.jp

 

実家メンバー3名(私、姉、父)が毎朝モリモリ食べるため、1L分作っても3日でなくなります。母は乳糖不耐症なのか、ごろごろするらしくて食べません。

グラノーラにかけて食べるとおいしいよねーヨーグルト。

妊婦はいつもより意識してカルシウムを摂取せねばならんので、たくさん作れてお得な自作ヨーグルトは助かります。

 

今日はホシノの天然酵母起こしをヨーグルティアでやりました。

28℃で24時間発酵させると、ぷくぷく泡が立って、おお生きてる!と感動します。

これを使って明日はパン焼くぞーい。

 

でも発酵生活の中で一番効果が実感できるのは、米麹の甘酒。

米麹と炊いたお米と水を混ぜて60℃で8時間寝かせるだけなのに、喉が焼けるくらい甘く糖化する。

豆乳にまぜて飲むと、まさしく肌がぷりっぷりになります。

甘酒の甘さが苦手でも、豆乳で緩和されて飲みやすくなるので、お試しあれ~。

 

ヨーグルティア楽しい。

てか、発酵が楽しい。

醸してる。

 

最後に、最近飲んでるカフェインレスコーヒー。

ちょっと薄いけど、夜も気にせず飲めるからお気に入り!

24週 自動人間製造システム

昨日の検診で赤子は週数通りの大きさに育ってました。

今日から7か月目突入。体重約650g。

たまたま脇にあった栗ようかんの箱より重い。

 

でもまだお腹の中にいて、私の養分を吸って大きくなってね。

だって君はまだ目も開いていないし鼻の穴も開通していないんだよ。

外の世界はばい菌がいっぱいいて怖いから、お腹の中が安全よ。

 

まったく妊娠というのは不思議なシステムだ。

もちろんセックスという行為をしなければ子は為せないのだけど、その結果子ができるかは運次第。たとえ当人たちが子がほしくなくても、そのタイミングがくれば精子卵子は勝手に出会い、受精卵を創り出し、細胞分裂を開始する。

そこに人間の意志など介在しない。

母体にとって本来異物である受精卵は「私を攻撃しないでくださーい」と信号を出しながら卵管を転げ回り約一週間かけて子宮にたどりつく。

そこでやれどっこいしょと根付くのである。

ここまで人間の意志関係なし。もはやミラクル。

 

そんで根付いた受精卵に気付いた私の脳みそは「あっなんか受精したっぽいので次の排卵とめてください!あと黄体ホルモンじゃんじゃん出して」とかなんとかビシバシ指令を出すのである。いつ出したの?ってくらい記憶にない。このころ私はのんきにインドでヨガやってた。

 

そうして私のからだは劇的に変化していき(現在腰が痛い)、子宮と胎盤という命の装置のもとで夫と私の遺伝子の設計図に基づいて新たな人間が製造されはじめるのだった。

これってすごいことだ。

どんなにテクノロジーが発達しても、この自動人間製造システムは模倣できないだろうな。

この仕事はたぶん、ないがしろにしちゃだめなやつだ。

もろ命にかかわることだから。

生まれて当たり前って思っちゃダメなやつだわ。

だから生まれてきてくれたら、それがどんなに奇跡だったのかを、いつかお腹の中にいる我が子に伝えたいと思う。

まあでも思春期あたりになったら「好きで生まれてきたわけじゃない」とかなんとか反抗してくるんだろうな。ふふふ。青いな。親(私)が子がほしいと思ったのは事実だけど、空恐ろしいほどの生命力で生きようとがんばったのは君だよ。私は腹を貸しただけだ。だから人間として生まれてきただけで「すごいね」なんだよ本来は。ほんとにね。

23週 帰国して早1か月

日本に帰国してあと数日で1か月になります。

今のところトラブルもなく(不育症だけど)23週を迎えました。

あっという間に妊娠6か月も終わります。

胎動がポコポコしているので、初期のころのような不安は薄れてきたかな。

市のプレママ教室(全3回)の1回目に出席したり、歯科検診にいったり、楽天で買うものリストを作ったり。

前向きに赤ちゃんを迎える準備を進めているところです。

 

妊娠して胎児の生命力について考えるようになりました。

おそらく抗リン脂質抗体症候群APS)のせいで初期流産してしまったときと違い、いま23週にさしかかったこの赤子は、受精したのがインドだろうがつわりでバナナとリンゴしか食べれなかろうが、そんなもん関係ねえといわんばかりにガンガン育っています。育つ子は何しても育つという言葉、知っちゃいたんですが実感しました。

 

***

 

里帰りしている実家には姉(未婚)がいまして、私は昔と同じように姉と同じ部屋を間仕切りで共有しています。音は筒抜けなので、私が子供を産んだらその部屋は使えない。

じゃあ1階に私と赤子のスペースを作ろうと思っても、1階には父の趣味のもの(というか、がらくた)がたくさんあって、とてもじゃないけど赤ちゃんと健やかに暮らせる環境じゃない。

つまり今のところ実家で赤ちゃんと過ごせる十分なスペースがないのです。

そこで急浮上したのが、「家のすぐ近くに赤子との寝泊り用の部屋を借りる」。

せっかく実家に里帰りしたのにお金もかかるし嫌なんだけど、背に腹は代えられぬ。

というわけで、ここにきて実家から徒歩100メートルのところにある部屋を借りることになりそうです。食事や洗濯は実家でやるけど、寝泊りは別、みたいな。

4月の夫の一時帰国にあわせて、安定期で動けるうちに巣作りを進めていこうと思います。いったいどうなることやら。

ニュータウンが好き。

実家は車がないとなかなか不便な田舎のニュータウンです。

いちおう都内から電車で1時間以内なのがウリ。いわゆる都心のベッドタウンってやつだ。

若いころは嫌だった「家以外なんもない」環境も、35になって戻ってみれば、ニュータウンならではの計画された広々とした道路とか、きれいに植わった街路樹とか、静かな住環境とか。とても好ましく見える。

30坪くらいある実家の庭はいつの間にか家庭菜園ができるようになっていて、お味噌汁に入れるネギをちょっと庭からとってくる、なんてこともできる。

七輪+備長炭で火をおこし、庭で焼き肉をすることも。

田舎ニュータウンならではの楽しみである。

 

一方で老人世帯の比率が圧倒的に増え、ニュータウンの闇も垣間見える。

20年前は子供が多すぎて小学校が分校になるくらいだったのに、今は2クラス程度しかないとか。若い世帯はニュータウンの不便な奥のほうに家を買っていて、駅に近いところには老人が住み続けている。60坪以上の大きな家は老人世帯には維持するのが大変で庭が荒れ放題な家もある。

それでも私はこの無機質で人工的なニュータウンが好きだ。

 

こじゃれたカフェや雑貨屋がそこかしこにある東京の生活に憧れて大学から都内に出始め、都内に就職し、24で一人暮らしをはじめ、気づいたら神奈川に引っ越しして結婚し、どんどん西に移動し、まさかインドに住むことになったとしても、私の原風景はニュータウンのそれだ。

人の気配がないニュータウンの冬の夕暮れとか淋しすぎてゾクゾクしてくる。都内でいうと天王洲アイルとか、ああいう人工的で人気がないところに惹かれるのはニュータウンで育ったことが大きい。

 

夫の会社は神奈川なので、家を買うとしたらたぶん神奈川になると思う。

一時期家探しもしたのだがなかなか土地が高くて、たぶんマンション住まいになる。

最近運動もかねて実家の周りをウォーキングしているのだが、歯抜けになった土地が売りに出ていた。土地70坪、カーポート4台付きの建売物件が2580万。や、安い・・・。注文住宅でも4000万しないんじゃないか。

家計が厳しい子育て世代のみなさん、住み手のなくなった田舎のニュータウンなんていかがでしょうか。車は必須だけど、伸び伸び住みやすいですよ。なんてね。

日本に帰国して10日経過 楽天カード

日本に慣れました。

なに食べても美味いと感動するあのフィーバー状態は終わり、少しさびしい。

今日なんて「このミカン、もう少し酸味があるといいね」とか言ってるし。

2週間前の私だったらぶっ飛ばしてるぞ。贅沢いってんじゃねえ!!黙って食え!!って。

人間って贅沢に慣れるのは早いんだなあ。

 

夫がインドに帰っていきました。あの修羅の国に。

なんか妊娠してるから仕方ないとはいえ、ひとりで戻らせるのが本当に申し訳なくて。

一緒に戦えなくてごめんなさい。せめて元気な子を産みます。

健康面が一番気がかり。そしてメンタル面も。

好きでインドに住んでるわけじゃない。仕事だから行ってる。正直いって長く住む国ではないと思うし、実際彼の上司たちは次々と体を何かに蝕まれ、帰国していく。

そのくらいふつーの日本人にとっては「苛酷」な国だ。

夫の会社では赴任国のハードさに応じて追加のお手当が異なるのだが、インドはトップクラスで高い。お給料上がるぜやった~と思うべきか、病む可能性の高さにおののくべきか。

でもまあ5年間待ちわびた赤子をお迎えできるってだけでインドに行った甲斐がありましたわ。早く任期を終えて3人で暮らしたい。

 

日本に帰って実家に転送された郵便物を見ていたら、楽天プレミアムカードのインビテーションがきていました。

これから赤子グッズを買うのにたくさん楽天を使うだろうから、楽天カード作ろうかなと思っていたところでした。

なんで主婦の私にインビテーションがきたかというと、たぶんインドに行く前に楽天で大量に生活物資を買ったからでしょう。プラチナ会員になってた気がします。

ちなみに今まで楽天カードは作ったことはないです。

 

<メリット>

・インビテーション期間に加入すると年会費が5年間無料(通常は10800円)

・15000円分のポイントをもらえる。

・空港のラウンジが使えるプライオリティパスのプレステージ会員(ラウンジを何回でも無料で利用する事が出来る)になれる。今後赤子を連れてインドに行く可能性を考えると入っておいて損はない。ちなみにプレステージ会員は年会費399ドル。

楽天ポイントが常時7倍(内訳:通常ポイント1倍、楽天カード利用+3倍、アプリで+1倍、楽天プレミアムカード利用で+1倍、楽天バイル利用で+1倍)

・カード付帯保険が大きい

 

<デメリット>

・引き落とし口座を夫名義にできない

・6年目以降は年会費10800円がかかる(解約予定)

 

というわけでメリット>デメリットなので加入しました。

専業主婦ですが夫の年収を記入する欄もあり、あっさりと審査は通りました。

買うべき赤子グッズを見極めつつ、ポイントを貯めまくり&使いまくりたいと思います。

 

あとはメルカリでマタニティ服をぽちぽち買っています。

マタニティ服って期間限定だけどやっぱりあると便利ですしね。家にいながらショッピングできるのはほんと助かる。

19週 帰国/妊婦検診in日本

19週で帰国し、数日が経ちました。

成田空港で何もかもがスムーズなのでひたすら感動し、

外に出てあまりの寒さに気が遠くなりかけたけど、

空気が透明で視界がクリアで深呼吸すると気持ちよくて、

あ~~~日本の冬だ!!って実感した。

インドもタイも、冬がないからさ。

 

バスタブのお湯は透明で、安心して入れるし、もう何もかもが快適だよね。

日本最高だよ。水道ひねればきれいな水が出てくるし。

そして何食べてもうめーんだ。コンビニとかきれいすぎて涙出てくる。無駄に入っちゃうよ。道にゴミが落ちてない。すばらしい。それだけでこの国を誇れる。

 

数日実家で休んだ今日、車で10分ほどの総合病院にいってきました。

産婦人科にて初診。

母子手帳はまだ持ってないので今日は自費です。

紹介状を渡して先生に今までの経緯を説明する。

・過去2回の心拍停止後初期流産があること

・妊娠後、インドで血液検査をしたら抗リン脂質抗体症候群の項目のひとつにひっかかったこと

・上記のため低用量アスピリンを1日1錠、36週まで飲むよう指示されていること

・6週間後に再検査したら陽性(43.5)→弱陽性(30)になったこと

・現時点でヘパリンの自己注射は必要ないと言われていること

・3年前に子宮筋腫の手術を受けており、先生から帝王切開といわれていること

 

インドは検査結果はすべて印刷してくれるので、説明するのに楽だった。

先生も「ここまで細かくやるんだ」って驚いてた。

唯一のインドのいいところです。

 

そういった事情を踏まえてここでフォローできる妊婦なのか、もっと大きい病院へ紹介したほうがいいのか、先生たちで検討してくれることになった。

2週間後、再度受診予定。

 

そして、エコーではすっかり大きくなったちびすけと、約2か月ぶりに会えました。

最近ポコポコと胎動を感じるようになったので不安は以前よりは減っているものの、基本ビビりなので、はじめはエコー画面を見れなかった。おそるおそる見てみると、力強い心拍と大きくなった頭が見えた。

へーい、元気だったかい。

もう何回も飛行機に乗って、しっかり成長して、ほんとに君はすごいね。私がビビりまくって不安がってても、どこ吹く風だね。

インドで受精したベビーだし、とても強い子なんだろう。これからしっかり栄養をとっていくから、もっともっと大きくなってね。

 

性別はいまのところ女の子っぽい。けど、もうどっちでもいいから無事で産まれてきてほしい~~。ただただ、それだけです。